妊活サプリランキング

MENU

特集その1:実際に試した葉酸サプリで私のおすすめ第1位「ベルタ葉酸サプリ」

妊娠に気付いてから葉酸を摂取しても手遅れ?

妊娠中に摂取すべき栄養成分の代表として名前の挙がる「葉酸」。
葉酸には二分脊椎症や無脳症といった先天性異常のリスクを下げる効果が報告されていることから、厚生労働省が葉酸サプリの摂取を推奨しています。
また、葉酸には受精卵の着床率をアップさせ、流産を防ぐ働きがあるそうですから、妊娠を希望している場合は、日ごろから積極的に葉酸を摂取しておきたいものです。

 

葉酸というのは実はビタミンB9のことで、ビタミンの一種。
水溶性のビタミンなので、体内に留まらずに過剰に摂取された分は体外に排出されてしまいます。
なので、継続して飲み続けることが大切。

 

一般的には葉酸は妊娠前から妊娠12週目まで飲み続けることが推奨されています。
つまり、多くの女性が妊娠に気付く3カ月目(妊娠8週~11週)から葉酸を摂取しても、ほとんど意味は無いんですね。

 

というよりも、むしろ妊娠4カ月目以降は葉酸の摂取は控えた方が良いということも…。
妊娠中期以降に葉酸を過剰に摂取すると、子供が喘息になるリスクが高まるという指摘もあるそうです。
妊娠中期以降は葉酸は食事などで摂取する程度にとどめた方が良いかもしれません。

 

また、葉酸は子供の成長を促し、母乳の原料となる血液を増やす働きがあることから、授乳中も積極的に摂取した方が良いとされています。
ベビ待ちの人は、日ごろから葉酸を意識して摂取し、いつ妊娠しても大丈夫なように備えておくことが大切ですね。

 


男性こそ積極的に摂取したい葉酸

葉酸は妊活中、妊娠中の女性が摂取すべきもの、と思っていませんか?
実は葉酸は男性の不妊にも良いと言われています。

 

葉酸が不足している男性は精子の染色体異常が生じるリスクが高いのだとか。
染色体異常は小人症やダウン症、ターナー症候群といった病気の他、早産や流産の原因とも言われています。
一般的には精子が体内で作られるのには3カ月から4カ月かかるそうですから、遅くとも妊娠を計画する4カ月前には葉酸を飲み始めると良いでしょう。

 

男性の場合は女性のように1日400μgの葉酸を摂取する必要はなく、半分の200μgで充分だと言われています。
実は葉酸は妊活目的以外にも男性にとっては積極的に摂取するメリット大な成分。

 

葉酸は別名「造血ビタミン」と呼ばれており、赤血球を合成し、体内に栄養が運ばれるのをサポートする働きがあるのだとか。
そのため、薄毛や抜け毛の予防にもとても良いんだそうです。
薄毛のお薬であるミノキシジルも血管を拡張し血行を促進することで育毛を促すお薬ですよね。

 

また、葉酸は二日酔いや動脈硬化の予防にも良いとされています。
妊活以外にも様々なメリットのある葉酸。
積極的に摂取してソンは無さそうです。

 


実は美容の強い味方でもある葉酸

葉酸は妊娠中や妊活中でなくても、女性であれば誰でも摂取しておいてソンは無い栄養成分。
というのも、葉酸は美肌にもとても良い成分なんです。

 

葉酸には細胞の分裂を促進する働きがあり、肌細胞の生まれ変わりにも大きく役立っている成分。
肌細胞の生まれ変わりが滞っている状態が、いわゆる「ターンオーバーが乱れている」状態。
お肌のターンオーバーが乱れると、毛穴の詰まりやくすみ、大人ニキビや肌荒れといった様々な肌トラブルの原因だと言われています。
お肌に溜まった古い角質細胞を除去するために定期的にピーリングを行っているという人もいるのでは?
葉酸は細胞の生成を促進してくれるため、ターンオーバーを正常化してくれる働きもあるそうです。

 

また、くすみやニキビの原因と言われているのが、血行の滞り。
血流が滞ることで、老廃物がスムーズに代謝されずにニキビやくすみとしてお肌に現れてしまうのだとか。
葉酸は血流の流れを改善することで、老廃物をスムーズに排出し、代謝の良い肌質へと導いてくれる手助けをしてくれると言えそうです。

 

「大人ニキビがいつまでも治らない…」
「お肌がくすんで、毛穴の詰まりも気になる…」
こんな時にも、葉酸を積極的に摂取すると良いかもしれません。

 


天然?合成?飲むべきなのはどちらの葉酸?

巷には様々な葉酸サプリがあり、どれが良いのか迷いますよね。
葉酸サプリには大きく分けて2つ、「天然葉酸」と「合成葉酸」があります。

 

「合成葉酸は海外では葉酸と認められていない」「合成葉酸は石油を原料に作られている」。
こんなことを知ると「やはり葉酸は天然が良いのかな」と思ってしまいます。
一方で「厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸」「天然葉酸は吸収率が悪い」といった説明を見ると「やっぱり、合成葉酸?」とまたまた混乱。
ということで、あれこれ調べた結果、私が出した結論は「どちらでも良い」です。

 

合成葉酸は「モノグルタミン酸型葉酸」と呼ばれる葉酸が配合されていることがほとんど。
天然の葉酸も体内に入ると分解されて、このモノグルタミン酸型葉酸に変換されてしまうんだそうです。
つまり、体内に入った最終形態はどちらも同じ。
あらかじめモノグルタミン酸型葉酸の方が、体内でより早く吸収されるといった程度の違いではないかと思われます。
「ご飯を食べるか、餅を食べるか」程度の差でしかないのではないでしょうか。

 

天然葉酸、合成葉酸、どちらのサプリにも共通している点は、体内に留まらずに排出されてしまうということ。
なので、継続して飲み続けることが一番大切。

 

「ムリなく続けることのできるお値段」「サプリの形状や一日当たりの摂取目安量などの飲みやすさ」「配合成分の品質や安全性」といった点に着目した方が良さそうです。
その点においては、様々な葉酸サプリがあるので、根気強く探せば自分にピッタリな葉酸サプリが必ず見つかるハズ。
妊活中の場合は、葉酸+αの成分にも着目して葉酸サプリを選ぶのも良いかもしれません。

 


私が試した葉酸サプリ 実体験から選んだおすすめは?

天然葉酸で選ぶなら

ベルタ葉酸サプリ
18種類の国産無農薬野菜を原材料とした贅沢な天然葉酸サプリ。原材料名には「葉酸」の文字はなく、ケール・かぼちゃ・チンゲンサイ・パセリなどなど、おなじみの野菜の名前ばかり。また、ベルタ葉酸サプリの大きな特徴は、葉酸以外に27種類のビタミン・ミネラルが配合。妊娠中に必要な鉄分やカルシウムも葉酸と一緒に摂取できます。ベルタ葉酸サプリなら、葉酸以外にもビタミン、ミネラルだけでなく美容成分まで摂取できてしまうので、かえっておトクかもしれません。単なる美容目的の成分ではなく、ちゃんと妊活~授乳に役立つ成分が厳選されているなんて、さすがです。
価格 内容 目安量 葉酸含有量
5,980円 ⇒ 3,980円 120粒 1日4粒 400μg

 

⇒⇒ ベルタ葉酸サプリの体験談を見てみる【画像付き】

 

 


 

合成葉酸で選ぶなら

BABY葉酸~ママのめぐみ~
厚生労働省が推奨する葉酸400マイクログラムが配合されていて、国内工場生産で無添加。配合成分の多さにこだわっていて、食生活では不足しがちな様々な成分を含んでいます。鉄分や乳酸菌だけでなく、美容成分や131種類もの植物由来成分を配合。サプリの安全面では、放射能濃度検査や残留農薬試験もしているとのこと。BABY葉酸のパッケージはパウチやボトルではなく、個包装。デリケートな植物由来成分も多く含まれているので、酸素や湿気は避ける配慮がされています。
価格 内容 目安量 葉酸含有量
6,980円 ⇒ 4,980円 30包 1日1包(4粒) 400μg

 

⇒⇒ BABY葉酸~ママのめぐみ~の体験談を見てみる【画像付き】

 

 


 

酵母葉酸で選ぶなら

ゆめやの葉酸サプリ
モノグルタミン酸型葉酸(酵母葉酸)を400μg配合。藻由来の安心・安全な高品質DHAなど業界NO.1成分配合量&安心の無添加合。ゆめやの葉酸サプリは、1日400μgしっかり取れる他カルシウムや鉄分、DHAなどママと赤ちゃんに必要な栄養素がしっかり入っています。今まで葉酸や鉄分、DHAと赤ちゃんに必要な栄養分を違うサプリメントで摂っていた人には1回飲むだけで赤ちゃんに必要な栄養素が十分に摂れるので特におすすめ。
価格 内容 目安量 葉酸含有量
4,552円 ⇒ 3,552円 120粒 1日4粒 400μg

 

⇒⇒ ゆめやの葉酸サプリの体験談を見てみる【画像付き】

 

 

更新履歴